ホーム > やまものこだわり > おいしい淹れ方
おいしい淹れ方

①お湯
お茶を淹れる時は、カルキ臭を取り除くため必ず一度沸騰させたお湯を使ってください。
※2~3分以上沸騰させたお湯が最適です。

 

②急須

網のついた深蒸し急須をご使用ください。

※手軽に淹れられるフタなし急須はオススメです!

 

③お茶を淹れるポイント
茶葉の量
一人分で3~4gが目安です。(小さじ一杯程度)
渋めのお茶がお好みの場合は茶葉を多めに。
お好みで分量を調整してください。

 

お湯の量
お湯呑で7分目程度が目安です。(約100cc)
※極上・黒の特撰を淹れる場合は、お湯の量を少なめにしてください。

 

お湯の温度
80℃を目安に、温度が高いと渋み成分が出やすくなります。
一煎目は、70℃位のお湯でお茶の旨味をお楽しみください。
二煎目からは、高めの温度で淹れてお茶の渋みをお楽しみください。

 

④お茶の淹れ方
1.急須・お湯呑み・茶葉を準備します。
準備

 

 

 

 

 

 

 

2.沸騰したお湯をお湯呑に取り分けて、お湯の分量と温度を調整します。
湯冷まし

 

 

 

 

 

 

 

3.適量の茶葉を急須に入れます。
茶葉

 

 

 

 

 

 

 

4.適当な温度に冷ましたお湯を急須に入れて約30秒待ちます。
抽出

 

 

 

 

 

 

 

5.お湯呑に少しずつ順番に注ぎます。味・色が均一になるように廻し注ぎをします。
注ぎ

 

 

 

 

 

 

 

6.できあがり。美味しい深蒸し茶が入りました!

出来上がり